logo 有機栽培・無添加加工。産地直送でお届けします
『秋の桑葉つぶ祭』桑葉つぶ全品もれなくポイント10倍

糖質制限中もアルコールを楽しみたい!飲んでいいお酒&ダメなお酒

カクテルパーティー

糖質を気にしていると、飲むお酒にも気を遣いますよね。

今回は、糖質の少ないお酒と、糖質の多いお酒をご紹介。お酒を飲む際はぜひこちらを参考にしてみてください。

糖質制限中にアルコール(お酒)はOK?NG?

ビーチでウイスキーを楽しむ

お酒・アルコールと一口に言っても、酒類はたくさん。糖質が多く含まれるお酒も複数あるので、糖質の摂取を制限している方は注意しなくてはなりません。

とは言え、糖質が少ないお酒もあるので、糖質制限中は糖質の少ないお酒を選べば良いというわけです。糖質が多く含まれるお酒、少ないお酒をしっかりと把握しておくことで、糖質制限中でも安心してアルコールを楽しむことができるでしょう。

もちろん、糖質が少ないお酒だからと言って飲みすぎは禁物!糖質の少ないお酒をほどほどに…を心がけるようにしましょう。

お酒は製造方法によって、大きく3種類に分けられます。

お酒の主な種類
・醸造酒
・蒸留酒
・混成酒

「醸造酒」とは、原料に酵母を加えることによってアルコール発酵させて作り、アルコール発酵させたままの状態で飲むお酒のことを指します。

アルコール度数が比較的低く、糖質が高いのがこちらです。代表的なものは、ビールやワイン、日本酒などがあります。

比べて「蒸留酒」とは、醸造酒に熱を加えて気化させ、さらに冷却して再び液体に戻したお酒のことを指します。アルコール度数が高く、蒸留して作られているため、糖質はほぼカットされています。代表的なものは、ウイスキーやブランデー、焼酎、ジン、テキーラ、泡盛など。

そして「混成酒」は、醸造酒や蒸留酒に果実や薬草、香料などの成分を配合したお酒を指します。アルコール度数が高く、糖質も高め。代表的なものは、リキュールや梅酒、みりんなどがあります。

糖質制限中に飲んでもいいアルコールの種類

ボトルが並ぶバーカウンター

上記でご紹介したように、「蒸留酒」は糖質がほぼゼロなので、糖質を制限している方は蒸留酒を選ぶことをおすすめします。

主な蒸留酒
・ウイスキー
・ブランデー
・焼酎
・ウォッカ
・ジン
・ラム
・テキーラ
・泡盛

ですが、せっかく糖質ゼロの蒸留酒を選んだにも関わらず、甘いソーダやフルーツジュースなど糖質の高い飲料で割ってしまうと意味がなくなってしまうため注意が必要。割って飲む場合には、水やお湯、無糖のお茶や炭酸水など糖質のないもので割るようにしましょう。

蒸留酒はアルコールの度数が高いものが多いため、飲みすぎないよう注意しながら飲むようにしてくださいね。

糖質制限中は控えておきたいアルコールの種類

冷えたビール

「醸造酒」「混成酒」は、糖質が高いものが多いので注意が必要。

醸造酒のビールは、糖質が多い上(100gあたり糖質3.1g)、アルコール度数が低いこともありつい飲みすぎてしまいがち。また日本酒も糖質が多い(100gあたり糖質3.6g)アルコールです。

単純に100gあたりの糖質量を比較すると日本酒の方が多くなりますが、一度に飲む量を考えると、ビールの方が要注意かもしれませんね。調子に乗ってジョッキで5杯、6杯…と飲んでしまえば、あっという間に糖質過多になってしまいます。

ただ醸造酒のワインは、やや糖質が低めとなります。ワインはワインでも「辛口」に限ってのお話ですが、辛口のワインであれば1杯で糖質1.5~2gですから(種類にもよります)、上手に選べば糖質制限中も楽しむことができるでしょう。

醸造酒同様、注意したい混成酒。リキュール類や果実酒、ベルモットなどがこれにあたります。

例えば、リキュールを使ったカクテル「カシスオレンジ」は、糖質の高いカシスのリキュールをさらにオレンジジュースで割るため、糖質はかなり高くなってしまいます。

これは他のリキュールも基本的に同じ。糖質が気になるなら、カルアミルク、ファジーネーブル、カンパリオレンジなどは避けておくことをおすすめします。

また、梅酒もたっぷりの砂糖を使用して作られていますから、避けておくかごく少量にしておくと良さそうです。

「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」「糖質オフ」表示のお酒はOK?

ワイングラス

では、スーパーやコンビニでよく見かける「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」「糖質オフ」の表示がされているお酒はどうでしょうか?

「糖質ゼロ」の表示は糖質が全く含まれていないというわけではなく、「100ml(もしくは100g)あたり糖質0.5g未満」を指しています。他の商品より糖質は少ないものの、ゼロではありませんから、たくさん飲んでしまうとある程度の糖質摂取量になってしまうので要注意。

「糖類ゼロ」というのは、ブドウ糖や果糖、ショ糖、乳糖など「糖類」に分類されている甘味料は含まれていませんが、それ以外のオリゴ糖やデキストリン、人工甘味料が使用されている可能性が大きいので、糖質が心配な方は「糖類ゼロ」より「糖質ゼロ」を選びましょう

「糖質オフ」とだけ表示されている場合は、「100mlあたり糖質2.5g以下」という意味です。他にも「糖質ひかえめ」「低糖質」などの表記がありますが、いずれにしても「糖質ゼロ」より糖質が多く含みます。

ほかにも「糖質〇%オフ」といった表示がありますが、こういった商品は注意してみると「弊社〇〇〇と比較した場合」といった表示があります。要するに明確な比較対象があり、比較対象の商品がどれくらい糖質を含むかが重要になってくるんです。

砂糖のイメージ 「糖質」「炭水化物」「糖類」「糖分」の違いについて

糖質が低いお酒を賢く選ぼう

いかがでしたか?糖質制限中でも、種類をしっかり選ぶことでお酒の時間は楽しむことができます。

糖質制限をしている方、健康を気遣いながらもお酒を飲みたいと考えている方は、お酒(アルコール)の糖質を正しく理解したうえで今夜飲むお酒を選ぶようにしてくださいね。

もちろん飲み過ぎはNG。何事も適量を守るのが健康の秘訣です。

クワココくん

糖質ゼロの焼酎を、糖質ケアに役立つ桑茶で割った「桑茶ハイ」はおすすめ!外食店でも桑茶ハイを提供しているところがあるんだよ!温かい桑茶ハイもおすすめ!
created by Rinker
¥1,000
当ショップ人気No.1。はじめてのかたにぴったりのお試し用30包入。※3パック(90包)お買い上げの方は『100包入』がおすすめです。 【発送に関して】2個ご注文の場合はメール便2個口で発送、3個以上のご注文または他商品と同梱する場合は宅配便発送になります。/いずれも送料は無料
created by Rinker
¥1,728
リピート率No.1。有機桑茶100包入りは1包あたり約17円の最強コスパ! 名称 桑茶/原材料名 桑(島根県産)/内容量 250g(2.5g × 100包)/賞味期限 製造日から2年/保存方法 直射日光・高温多湿を避け保存して下さい。

あわせて読みたい

目玉焼きとマフィン 朝ごはんで糖質制限!朝食におすすめの糖質オフメニューとは デトックスドリンク 糖質制限中におすすめの飲み物!意外と知らないドリンクの糖質 レストランでの食事 糖質制限中!外食でもOKなおすすめメニューとは? ドーナツ 糖質制限におすすめのおやつ10選!低糖質なおやつランキング 窓辺で青汁を持つ女性の手 桑の葉エキスを効率的に摂取するなら桑茶?青汁?サプリ? 桑茶を注ぐ 桑茶の効果的な飲み方!桑の葉茶を飲むタイミングは? お茶をティーカップに注ぐ 「おすすめ桑茶診断」あなたに最適な桑の葉茶は? イラスト:糖質(グルコース)とDNJは構造がとても良く似ています 桑の葉に含まれる有効成分「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」の働き&メカニズム
Instagram
Facebook
Twitter
SHARE