logo 有機栽培・無添加加工。産地直送でお届けします
新商品「菊芋チップス(100g)」話題成分イヌリンで糖対策!

高栄養!血糖値ケアにも!有機えごま葉パウダー

血糖値が気になる方に人気!高栄養価えごま葉パウダー

美容大国の韓国では定番の素材「えごま葉」。

ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなど、特に女性に嬉しい成分が豊富ということから、現地韓国でも大変重宝されています。

血糖値ケアにも役立つとされるえごまの葉100%の美味しいパウダーを毎日の生活にお役立てください。

えごまの葉について

シソの葉とよく似た形の「えごまの葉」。シソ科・シソ属と聞けば、シソと似通った形も納得でしょう。

えごまの葉

独特の香ばしい風味のえごまの葉は、キムチ漬けや焼き肉を包む葉野菜としても有名。韓国料理の素材として知られていますが、実は日本でも古くからある植物なのです。

実はこのえごまの葉には、美容や健康に役立つ成分がたっぷり。美しい女性が多く、美容大国の韓国でも多用されているのも頷けます!

created by Rinker
¥1,620
名称 有機えごま葉粉末/原材料名 有機えごま(島根県産)/内容量 100g/賞味期限 製造日から1年半/【カタログ番号】200

こんな方におすすめ!

  • 美白・美肌ケアをしたい方
  • 年齢に負けない美しさを目指す方
  • 栄養バランスが心配な方
  • 生活習慣病が心配な方
  • 血糖値が気になる方
  • アレルギーが気になる方
  • 体重が気になる方

えごまの葉に期待される効果・効能

えごまの葉

栄養価が高いことが評価されているえごまの葉。

特に注目したい成分と、期待される効果・効能をご紹介します。

アンチエイジング・美肌ケア

えごまの葉は、抗酸化作用が期待されるビタミン類やβカロテンといった成分が含まれます。

抗酸化成分の含有量は、数ある野菜の中でも多いことが知られているのです。

体の酸化(サビ)は老化の大きな原因。放っておくと、どんどん体は酸化してしまいますから、抗酸化物質を含むえごまの葉で年齢に負けない強く、美しい体づくりを目指しましょう。

血糖値ケア&ダイエット

えごまの葉に含まれるロズマリン酸は、体内に入ってくる過剰な糖質が中性脂肪に変化するのを抑制すると言われています。

したがって、食後の血糖値が急上昇するのもケアしてくれるということですね。

もちろんこれは、体重が気になる方にも嬉しいポイント。続けてえごま葉を摂取することは、生活習慣病のケアだけでなくダイエット対策にもなるのです。

アレルギー対策

えごまの葉に含まれているルテリオンという成分は、アレルギーの症状を緩和する作用が期待されるものです。

花粉症をはじめ、アレルギーに悩んでいる方は少なくありませんよね。

気になる方は毎日少しずつえごまの葉を摂取して、つらい季節に備えてみてはいかがでしょうか。

パウダーなのでサッと使える!

有機栽培のえごまの葉を、収穫して新鮮なまますぐ加工。

サラサラのパウダー(粉末)だから、使い勝手も抜群です。

えごまの葉はクセが少なく、ほんのり香ばしい味わいが魅力。お好みで分量調整できるパウダーは利便性も抜群です。

とはいえ体質によって合わない可能性もあるので、まずは少量から試してみて分量を調整してみてくださいね。

特にお腹を壊しやすい方は、えごま葉パウダーの食物繊維でお腹が緩くなってしまうかもしれないので、ごく少量から試してみましょう。

有機えごま葉パウダーのおいしい飲み方

青汁のグラスを手に持つ

小さじ1杯(2~3g)ほどの有機えごま葉パウダーに、水もしくはお湯を加えてお召し上がりください。

飲む直前にしっかりと混ぜてから飲むのがポイント。

もちろん牛乳や豆乳に混ぜたり、スムージーに適量加えるなどアレンジもOKです。

ちなみに有機えごま葉パウダーはノンカフェインなので、就寝前やカフェインが気になる方も気にせずお召し上がりいただけます

一度にたくさん摂取するより(1日あたり5g程度が目安)毎日少量ずつ続けるのがおすすめです。

created by Rinker
¥1,620
名称 有機えごま葉粉末/原材料名 有機えごま(島根県産)/内容量 100g/賞味期限 製造日から1年半/【カタログ番号】200

こちらもオススメ!

organic_powder_SP_baner

Instagram
Facebook
Twitter
SHARE