元気な毎日をすごしたいあなたに「マカ・タブレット」

4月末日まで、商品をお買い上げの方全員にもれなく赤だししじみ汁をプレゼント!

手軽に糖質制限:有機菊芋シリーズ

よく検索されるキーワード

#桑茶 飲み方#桑の効能#人気ランキング#効果的な飲み方#イヌリン 菊芋

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ。0120-17-9898(イーナ・クワクワ)
会員の方はこちらよりログインしてください
新規に会員登録される方はこちら

Facebookファンページ「クワココ」へ ツイッターへ 最新情報はコチラから!ぜひフィード登録をお願いします。

桑茶生産組合インスタグラム

 

お知らせ
読み物・コラム

「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」の働き&メカニズム

桑の葉には、食事の糖質に働きかける「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」という有効成分が豊富に含まれています。

 

桑の葉が糖対策に役立つと知っている方は多いと思いますが、一体どんなメカニズムで糖に働きかけてくれているのか?そこまで知っている方はそれほど多くないようです。

 

そこで桑の葉に含まれる「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」がどんなメカニズムで糖の吸収をブロックしているのか解説。わかりやすくイラストで説明しているのでぜひご覧ください!

「DNJ」が糖質に働くメカニズム

桑の葉に豊富に含まれる「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」は、ブドウ糖(グルコース)に非常によく似た構造をしています。

 

イラスト:糖質(グルコース)とDNJは構造がとても良く似ています

 

通常、食事で摂った糖質が小腸に運ばれると、糖質分解酵素(α‐グルコシダーゼ)によって「二糖類」から吸収しやすい「単糖類」に分解。この分解された単糖類が吸収されることで、血糖値が上昇するという仕組みになっています。

 

食前に、ブドウ糖と酷似した「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」を摂取しておくと、糖質分解酵素は糖質と間違えて「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」と結合

 

小腸に入ると分解酵素は、糖質と構造がよく似ているDNJとむすびつきます。

 

結果的に「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」が糖質分解酵素の働きをブロックすることになるので、あとから入ってくる糖質は分解されることなく小腸を通過してしまうのです。

 

イラスト:分解酵素とDNJがむすびついている間に、糖質(グルコース)は小腸から大腸に移動します

 

「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」によって分解が阻害された糖質は小腸で吸収されないので、食後の血糖値の急激な上昇が抑制されるのです。

 

さらに小腸を通過した糖質が大腸に届くと、腸内細菌(善玉菌)のエサになり、その際に発生した炭酸ガス・水素ガスや有機酸が大腸を刺激して、便通を促してくれるのです。

 

イラスト:大腸に届いた糖質は善玉菌のエサになり有機酸やガスを出します

 

桑の葉の「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」は、糖質の吸収をブロックするだけでなく、便秘の改善まで期待できるというわけですね。

 

ちなみにこの「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」は、桑の葉以外の植物にもわずかながら含まれていますが、たっぷり含んでいるのは桑の葉だけと言われているんですよ!

あわせて読みたい

page scroll top