桑茶生産組合 15年のあゆみ

1998年 桜江町の有志21名とともに任意団体として発足

1998年

社長の古野は、福岡県出身で1996年桜江町にIターン。
養蚕業が廃れて放置された桑園に着目し桑茶づくりをスタート。
社長の熱意と行政の後押しによって地元住民が立ち上がり、「遊休桑園の再生」と「雇用の場の創出」を目標に有志21名で任意団体として発足。

2000年 有限会社化し、有限会社桜江町桑茶生産組合を設立

衰退する地域経済を活性化し、地域が潤う産業とするために、栽培から加工・販売まで一貫して行う「農業6次産業化」を実践。
また、有限会社化したことにより、桑だけでなく大麦・はと麦などの健康食材にも注目し、栽培の拡大を図るとともに新商品の開発にも注力した。

2000年

2002年 桑畑と桑茶加工場の「有機JAS」を取得

2002年

「桑」として全国初の有機JAS認証を取得。安全・安心を商品者に提供し、他産地との差別化を図っている。また化学肥料・農薬を使わない環境にやさしい農業を実践している。

2008年 産学官共同研究により「Q3MG」の存在を発見

当社は、島根県・島根大学医学部との共同研究により桑葉に抗動脈硬化作用のある抗酸化物質「Q3MG」の存在を学会で発表させていただきました。「Q3MG」は、桜江町産の桑に特に豊富に含まれていることが判明。今後も抗メタボリックシンドローム素材として研究を継続していきます。

2008年

当社が無事設立18周年を迎えることができましたのも、一重に皆様の暖かいご支援とご協力の賜物と、深く感謝いたしております。今後ともご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。