よく検索されるキーワード

桑茶青汁有機パウダー大麦若葉ケール

tel
会員の方はこちらよりログインしてください
新規に会員登録される方はこちら

Facebookファンページ「クワココ」へ ツイッターへ 最新情報はコチラから!ぜひフィード登録をお願いします。

お知らせ
読み物・コラム
クワクワTV放映中!

桑の効果を研究してます

桑のパワー

桑の葉にはカルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルやビタミンを多く含むことで優れた青汁やお茶の原料として注目されていますが、今桑の葉は「薬に頼らず自然の力で病気を防げないか!」ということで桑の成分が注目を浴びています。もともと桑の葉には「1‐デオキシノジリマイシン」(DNJ)が含まれ食後の血糖値の抑制やコレステロール・動脈硬化の抑制など全国で注目され沢山の研究データ等学会で発表されていますが、最近の研究では桜江町桑茶生産組合で栽培している桑の葉には「クエルセチンマロニルグルコシド(Q3MG)」が他産地の桑に比べ非常に多く含まれることがわかり、DNJとの相乗効果も期待されています。

しかし私たちはこの成分を化学薬品で抽出したり薬のように使うのではなく、自然の力を最大限に使い「おいしく」「安全に」健康になりたい。こういう思いで研究を続けています。

 

まずは島根に適した新種の開発!!

DNJやQ3MGは自然の力でどこまで増やすことができるのか?

2000種類あると言われる桑の中から候補を選び島根の気候に合った新種の開発にも取り組んでおります。2010年今年は桜江町のテスト圃場に約2000本の新種を植えその成長を観察します。同じ桑でも葉っぱの形や大きさも違い1本1本に個性があり成長が楽しみです。

Q3MGについてはこちら

今までの新種研究の一部をご紹介

桑の新種

この1本1本すべて違う種類です。観察するのも大変。島根県農業技術センターのSさんの根気には感動します。私も尊敬する桑博士です。

桑の葉いろいろDNJ_Q3

違いがわかりますか?隣の桑と葉っぱの大きさや育ち方が全然違います。小さい葉は可愛いですが収穫が大変そうです。

DNJ高含有桑

こちらは葉っぱが大きくDNJの含有量も期待!!色も美味しそうです。

その他、島根大学医学部と島根県産業技術センターとの共同研究により今年もQ3MGの研究を続けてます。

 今までの研究成果も島根県のホームページ等で見ることができますので興味のある方はアクセスしてください。Q3MGは産業技術センターのK博士が発見し現在も研究を続けていただいてます。私が一番頼りにしている先生です。

島根県のホームページです。

機能性産業化プロジェクト研究発表

島根大学医学部には桜江町桑茶生産組合のホームページもリンクして頂いてますので一緒にご紹介させて頂きます。塩飽教授は大変忙しい方ですが予防医学に関してわかりやすくご指導頂いています。素晴らしい先生です。

島根大学医学部 環境保健医学講座 環境予防医学 

 

下記は共同研究していただいている先生方の論文・学会発表です。

Katsube T, Tabata H, Ohta Y, Yamasaki Y, Anuurad E, Shiwaku K, Yamane Y. Screening for antioxidant activity in edible plant products: Comparison of low-density lipoprotein oxidation assay, DPPH radical scavenging assay, and Folin-Ciocalteu assay. Journal of Agricultural and Food Chemistry 52: 2391-2396, 2004

 
Enkhmaa B, Shiwaku K, Katsube T, Kitajima K, Anuurad E, Yamasaki M, Yamane Y. Mulberry (Morus alba L.) leaves and their major flavonol quercetin 3-(6-malonylglucoside) attenuate atherosclerotic lesion development in LDL receptor-deficient mice. Journal of Nutrition 135: 729-734, 2005
 
Katsube T, Imawaka N, Kawano Y, Yamazaki Y, Shiwaku K, Yamane Y. Antioxidant flavonol glycosides in mulberry (Morus alba) leaves isolated based on LDL antioxidant activity. Food Chemistry 97: 25-31, 2006