logo 有機栽培・無添加加工。産地直送でお届けします
『秋の桑葉つぶ祭』桑葉つぶ全品もれなくポイント10倍

産学協同で開発した『Q3MG』ってなに?

島根県と島根大学医学部の 共同研究により発見した桑の葉成分・Q3MG

産学連携で有機栽培の研究をしています。

有機栽培にこだわり続け20年がたちました。

有機にこだわり20年

農業法人 桜江町(さくらえちょう)桑茶生産組合は、島根県山間地帯の桜江町で桑の研究、栽培と開発を開始し20年が経過しました。

他の農地からの影響を受けにくい広大な敷地を利用し、江の川(ごうのかわ)の度々の氾濫により肥沃になった大地を利用し、有機農法(オーガニック)にこだわり有機桑の葉の栽培を続けています。

食品の安全性志向の高まりやトレーサビリティーの明確化が問われている中、有機栽培から加工・販売までの一貫した管理システムの確立、国内産有機商品の鮮度管理そして「誰が、いつ、どの畑でどんな肥料を」まで明確化する徹底したトレース管理をしております。

島根県、島根大学等との連携し研究をすすめています。

産官学共同研究

島根県及び島根大学等との連携を強化しながら有機桑を活用した健康食品の開発に努めてまいりました。

その結果二〇〇八年度には島根大学医学部と島根県との産学官共同研究により桑葉に抗動脈硬化作用のある抗酸化物質「Q3MG」の存在を学会で発表させて頂きました。

Q3MGってなに?

抗酸化物質「Q3MG」はフラボノイドの一種

抗酸化物質「Q3MG(ケルセチンマロニルグルコシド)」とは、フラボノイドの一種で、お湯でも抽出しやすく健康食品としての機能性や、劣化を防ぐ加工方法など、安全性を含め予てから研究を進めてきた成分です。

桜江町産桑に特に豊富に含まれている事が分かり抗メタボリックシンドローム素材としても研究を行っています。

抗動脈硬化作用について

抗酸化についての研究結果です。ここでは抗動脈硬化作用について調べています。

一番左のものは高脂肪食を与えたマウスの血管です。

赤い所が動脈硬化を起こしている場所です。

全体の5.9%に動脈硬化巣があらわれました。

真ん中の図は高脂肪食にQ3MGの抽出物を混ぜたえさを与えたものです。

動脈効果の発生率を2.8に抑えております。そして一番右のものが桑葉をエサにまぜたもの。

この図でわかる通り対照元の高脂肪食のみを食べたマウスに比べQ3MGを与えたマウスと桑の葉を与えたマウスの血管は動脈硬化を起こした面積が小さくなっています。

注目すべきは、Q3MG単体で与えるよりも桑葉がまざったエサを食べたマウスの発症リスクがへっていることです。

血糖値低下のための相乗効果

小腸で吸収される糖分を阻害します

桑葉に含まれるミネラル類などの天然成分や、桑特有の成分「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」とQ3MGの相乗効果も期待しています。

また、Q3MGは1-デオキシノジリマイシン(DNJ)と別のメカニズムで血糖値を下げる事が分かってきました。

下図は体内に入った糖類の流れをしめしたものです。

1-デオキシノジリマイシン(DNJ)は食事中の糖分を吸収阻害する事で食後の血糖値を抑える働きが確認されていますがQ3MGは肝臓のストレスを改善し、吸収された糖分を筋肉のエネルギー消費等に利用し血糖値を下げる働きが研究されています。

 DNJについて、イラスト図解入りで詳しくまとめたページをご用意しました。あわせてお読みください。
イラスト:糖質(グルコース)とDNJは構造がとても良く似ています 桑の葉に含まれる有効成分「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」の働き&メカニズム

Q3MGが入った桑葉製品

Q3MGマークについて

商品パッケージにはQ3MGマークが入っています

桑の葉を使用している商品のパッケージには「Q3MGマーク」が入っています。

桑特有の成分「Q3MG」

桑の新品種、「蒼楽(そうらく)」

Q3MGが入った桑葉商品

桑の葉を使った商品には大きく分けて3種類ご用意しています。

桑の葉茶

桑青汁(パウダー)

桑つぶ

桜江町(さくらえちょう)桑茶生産組合の全商品

こちらからご覧いただけます。島根の味覚や他では買えない商品を取り揃えております。

楽天ショップでもお買い求めいただけます。

公式楽天ショップ「ロハスな食卓」でも商品をご購入いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Instagram
Facebook
Twitter
SHARE