よく検索されるキーワード

桑茶青汁有機パウダー大麦若葉ケール

tel
会員の方はこちらよりログインしてください
新規に会員登録される方はこちら

Facebookファンページ「クワココ」へ ツイッターへ 最新情報はコチラから!ぜひフィード登録をお願いします。

お知らせ
読み物・コラム
クワクワTV放映中!

桑御膳

毎年恒例の桑の実摘みの後は、評判の「桑の実御膳」でお腹も満足

毎年5月末に企画される「桑の実摘みツアー」。桑摘みの他に、隠れた楽しみがあるのをご存知でしたか?「風の国」で桑摘みの後に食べれるランチ、「桑御膳」なるものがあるのです!

(※)今回は、特別にホームページにてご紹介させていただきますが、通常営業時に行っても食べる事はできません。詳しくは下記までお問い合わせください。

<御問い合わせ>
温泉リゾート【風の国】
島根県邑智郡桜江町長谷2696
TEL 0855‐92‐0001
フリーダイヤル 0120‐711‐261
E-Mail info@kazenokuni.jp   関連情報>>GO!

約1時間半ほどの桑の実摘みを終え、ほどよくお腹も減ってきた頃に昼食。桑畑からバスで約15分、同じ桜江町にある温泉リゾート「風の国」で、参加者全員に「桜江桑御膳」が用意されました。この桑御膳、吸物と造り以外は、前菜の小鉢からメインの焼物、デザートに至るまで、全ての料理の素材に桑が使われている、いわば「桑のフルコース」。桜江でしか絶対に食べられない豪華なオリジナル料理に、参加者は舌鼓を打っておられました。
「風の国」の支配人の河部安男さんによると、桑御膳は毎回大好評で、この桑御膳を楽しみにしてツアーに参加される方も多いとか。そして昼食後は、ゆっくりと疲れを癒すために施設内の温泉へ。こうして、桜江町の魅力を心ゆくまで満喫できるツアーの初日は無事幕を閉じました。
中国山地を貫く「江の川」がもたらした豊かな自然と、いくつも湧き出る温泉。「よう来んしゃった」と笑顔で迎えてくれる住民の方々。そして、肥沃な大地に広がる美しい桑畑。さぁ、皆さんも一度桜江にいらしてみてはいかがですか?

桑御膳のご紹介

kuwagozen_01
border

<桑茶トロロ>

トロロに少量の桑抹茶をいれて混ぜる。ほんのり桑茶の風味がついたトロロにうずら卵を乗せて。
border

<造り三種盛り>

鯛を中心にした造り三種盛。桜江町は、日本海からも車で約20分と近い。

border

<桑の葉入りガンモドキ>

野菜やユリネがたっぷり入ったガンモドキの皮に、細かく刻んだ桑の葉を混ぜます。

border

<鰆 桑の葉包み焼き>

鰆を一枚の桑の葉で包み、そのまま焼きます。鯛の寿司にも、シャリに細かく刻んだ少量の桑の葉を混ぜます。

border

<笹身 桑の葉揚げ>

細かく刻んだ桑の葉を衣に混ぜ、笹身を包んで揚げます。

border

<鱧 冷やしチリ 桑塩>

氷水に鱧と果物を浮かべたサラダ。ほんのり甘い桑の実と、さっぱりとした鱧の相性は抜群です。桑抹茶を混ぜて作った焼塩をかけていただきます。

border

<桑茶そば>

桑抹茶をそば粉に混ぜて打った、緑鮮やかなそばです。

border

<桑茶飯>

鶏肉やにんじんとともに、大きめに刻んだ桑の葉を混ぜた釜飯です。

border

<桑の実ゼリー>

羊羹のような甘めのゼリーに、桑の実をたっぷり入れて固めた贅沢なデザート。ヨーグルトともよく合い、さわやかな味です。